Biplus Beauty 松山店のブログ

女性の悩み

 

こんばんは(^o^)加圧トレーニングスタジオBiplus Beauty松山店 今村です♪

 

 

今日は女性ならではのお悩み…生理前の食欲についてのお話をします(*_*)

 

生理前は食欲が抑えきれなくなりついつい食べ過ぎてしまうという方も多いのではないでしょうか?

それはなぜなのか、改善の方法はないのか…調べてみました♪

 

●黄体ホルモンが分泌される時期は太りやすい

黄体期(黄体ホルモンが多く分泌される排卵以降から生理までの時期)は、身体が妊娠しやすい状態へとシフトする時期といわれています。

そのため心身共に不安定になり、それを落ち着かせようと甘いものが食べたくなると言われます。

さらに血糖値が下がり、血糖値を安定させようとアドレナリンが分泌されます。アドレナリンは失われた栄養を補おうとして作用するため、それに伴い食欲も増進します。

この時期の身体は養分を蓄えようとしているため体重が増えやすくなっており、1〜3kgの増えは自然なことだと言われます。

また、この時期に増えた体重は生理後、元に戻るとも言われていますが食べ過ぎには注意ですっ!

 

●生活の中でできる太らないための工夫

まずは、強い空腹の状態を作らないことです。空腹を我慢していると余計食欲が刺激されますので、少ない量で食事の回数を増やしたり、お腹が空いたら我慢せずに少しでも何か口に入れたりすることをオススメします。

また噛むと満腹中枢が刺激されるので、食べる際にはよく噛むようにしましょう。玄米やカボチャ、サツマイモなどは血糖値を保って過剰な食欲を制御する作用があるため、これらを意識してとることも有効です。

黄体期は身体がむくみやすいので、水分の排出を促す食品をとってむくみを和らげることも大事です。利尿作用のあるネギや大根、ゴボウがオススメです。

 

●卵胞期は身体を戻すチャンス

黄体期は食欲が増進して太りやすい時期ですが、生理が終わってから次の排卵日までにあたる卵胞期は代謝が良くなり心身共にバランスがとれる期間です。よって、ここで生活をしっかり整えて身体を戻すようにしましょう。

ダイエットにも効果的な時期なので、バランスの良い食事と運動を上手に取り入れられれば、理想の身体を手に入れることも可能です。

 

 

生理前、生理中は少し辛いかもしれませんが、

痩せ期と言われている生理後一週間だけまずは頑張ってみましょう☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・Web予約
ビプラスビューティへの

お電話でのお問い合わせは各店舗まで

このサイトを広める